« 凱旋門賞 | トップページ | CLOVER »

2012年10月 7日 (日)

ハンガーゲーム

341959_01_01_03

会長のおすぎ的シネマレビュー

No.12048
 「ハンガーゲーム」

★★★☆☆☆☆☆☆☆
(10点満点中3点)


原作が「世界的ベストセラー」ってのが眉唾もんなんだが、騙されたと思って鑑賞

.
.
.

 まぁ、騙されましたね

いやぁ、これ面白くない。
(↑はっきり言っちゃった)

予告見て若干「バトル・ロワイアル」的な展開なのかと思ってたが全然
【殺し合い】ってよりも【サバイバルごっこ】だね。
が、これが生温い内容でまったく緊張感がない

しかも24人での戦いだが、何人死んで何人残ってるのかまったく判らないしね。
気付いた時には残り3人。

74回目のハンガー・ゲームが舞台ですが、過去73回もやってるとは思えない主催者のバタバタ
主人公御都合主義と言ってしまえばそれまでだが、もう少しねぇ

近未来って設定だけども、富裕層の衣装や化粧は全然馴染めないし、逆に貧困層はファンタジー過ぎるし・・・。

一番のダメダメは主人公に魅力がないってことでしょうか
なんか華がないんだよねー

これがベストセラーと言われるとあれだけども、文章と映像化の違いだと思って諦めるしか無いのか

「2」の公開も決まったみたいだけど、個人的には観ないね
結局、「三角関係」の話なんでしょ

|

« 凱旋門賞 | トップページ | CLOVER »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凱旋門賞 | トップページ | CLOVER »