« 調整会議 | トップページ | 佐渡ロングライド① »

2012年5月26日 (土)

貞子3D

341610_01_01_02

会長のおすぎ的シネマレビュー

No.12022
 「貞子3D」

★★★★★☆☆☆☆☆
(10点満点中5点)

あの「リング」シリーズ最新作の3D
「3D」も含めてタイトルの一部です

ホラーは好きでジャンル問わず毛嫌いなく観るけど、映画館のスクリーンで観るのはかなり度胸いるんだよね
自宅でのDVD鑑賞と違って逃げ場がないんで

3D上映の映画は高いんで必要に迫られないと見ませんが(爆)、これは一番3Dとして効果があるかも
(今回は有無を言わさず3D上映のみです)
最近の3Dは奥行きに効果を発揮してるけど、本来の飛び出すってのに貞子はもってこい

 いやぁ〜貞子が飛び出す飛び出す

なかなか良かったですよ


ただ、ストーリーはイマイチ
主演が石原さとみ&瀬戸康史と若手中心の配役なんで、若干軽い感じ?
かつての「リング」のおどろおどろした感じが少ないかなぁ。

貞子復活への流れも説得力あるものじゃなかったしねー。
これなら別に呪いの原因は貞子じゃなくても良かった訳だ

それと後半の貞子(?)が完全にモンスター化しちゃってる
お化け(怨念・怨霊)とモンスターって違うと思うんだが・・・。

貞子復活の真偽はどうとでも取れるんで、続編もありなのかな


しっかし、最近の石原さとみはいいねー

|

« 調整会議 | トップページ | 佐渡ロングライド① »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調整会議 | トップページ | 佐渡ロングライド① »