« 雪 | トップページ | 理由なき遅刻 »

2012年2月12日 (日)

ドラゴン・タトゥーの女

340019_01_01_02

会長のおすぎ的シネマレビュー

No.12007
 「ドラゴン・タトゥーの女」

★★★★★☆☆☆☆☆
(10点満点中5点)

ハリウッド・リメイク作品。
2010年のオリジナルは未見です

今回、予告が面白そうだったんで原作を読んでからの鑑賞
が、個人的に【世界的ベストセラー】って程の面白さは感じず・・

で、映画ですが・・

原作は分厚い上下2冊なんだが、2時間半強に納めちゃったのでいささかの手抜き感は否めません
それでも回りくどい説明部分端折ってるんで見易さはある。
登場人物も多く判り難い内容なんだけど、イイ感じに端折ったな

ただ、スピード感を出す為か、ラスト辺りの展開が一気過ぎてチョット・・
核心部分が軽過ぎていまひとつ面白さみたいのが伝わり難くなっちゃったかなぁ
結構、ナチズムや聖書絡めた猟奇的な内容なんですけどね。

原作読んでの鑑賞なんで事件の顛末も把握してますが、それがなかったらちと判り辛い内容かも。
猟奇的な部分って映像だとそのままズバリなんで、どこまで見せるかにかかってるんだが、今回は抑えましたね(R15+)。
事件解決に向かっての部分は原作の面白さが表現出来てないかな。

まぁ、映画には原作にない映像ってお楽しみもあるんだが、しっかりモザイクがかかってた
 ( ̄○ ̄;)!

デヴィッド・フィンチャー監督なんで、原作より面白くしてくれるかと期待しちゃってましたが、ちと期待はずれだったかも・・
「セブン」や「ファイト・クラブ」が好きなんでハードル上げ過ぎたか?
原作読まずに見たら多少は評価違ったかもね

3部作なんで続編もあるのかな?
とりあえず原作2作目読み始め(笑)

|

« 雪 | トップページ | 理由なき遅刻 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪 | トップページ | 理由なき遅刻 »