« 朝日杯FS | トップページ | たまに泊まるならこんな宿 »

2011年12月18日 (日)

M:I-GP

340335_01_01_02

会長のおすぎ的シネマレビュー

No.11051
 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」

★★★★★★★★★☆
(10点満点中9点)

期待を裏切らない面白さかと思います
正月映画の目玉2本のうちの1本(もう1本は「山本五十六」)だと思うが、ハズレではないと言い切れるかな。

シリーズ4作目ですが、今回はわりとストレートな内容。
裏切りとか変な黒幕とかいないので敵味方がハッキリしてて見てて判り易い

ただ、敵役の設定があまり詳しく解説されないので、どれほどの悪役なのか判りづらく感情移入はしづらい。
「テロリスト」とか明確な肩書き(?)があるといいんだけどね。

スパイグッズが御都合主義と言うかハイテク過ぎて若干引くけど(笑)、大作っぽくて好きです
完璧ではないとこもグッド(*^ー゚)b

ストーリーは前作に絡んでないけど、ラストの展開が前作に基づいてのモノっぽいので「Ⅲ」復習してからの鑑賞がいいかも

|

« 朝日杯FS | トップページ | たまに泊まるならこんな宿 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝日杯FS | トップページ | たまに泊まるならこんな宿 »