« 13日の金曜日 | トップページ | 首位退治 »

2011年5月13日 (金)

ブラック・スワン

337733_01_01_03
会長のおすぎ的シネマレビュー

No.11023
 「ブラック・スワン」

★★★★★★☆☆☆☆
(10点満点中6点)

アカデミー賞【主演女優賞】受賞作品

ちょいエロで後半はかなりホラー色が強い作品。
見応えはあるけど、最後に感動とかはないな

ストーリー無視して単純に見た感想だと、
 白鳥=エリート
 黒鳥=不良
なの?って感じ。

劇中で舞台監督も言ってたんだが、黒鳥の妖艶さって演技の幅だと思うんだよね。
純真の真逆の官能であって、「優等生と不良」ではない様な。
悪い事やって黒鳥の邪悪さや妖艶さが身に付くってのは・・

ナタリー・ポートマンの心のイメージがビジュアルとして表現されてますけど、誇大過ぎてホラー過ぎる
これだと見た目が変身したみたいだもんなぁ

ストーリーは単純なんだけど、見る人を選ぶ作品かな。
どこに焦点を置いて観るかで印象も違うかと。
若干、当初のイメージと違った鑑賞でした

主演女優賞獲ったけど、ナタリー・ポートマンはSWのアミダラ姫のイメージから抜け出せんね。

|

« 13日の金曜日 | トップページ | 首位退治 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13日の金曜日 | トップページ | 首位退治 »