« 開幕戦! | トップページ | 桜からの手紙 »

2011年3月 5日 (土)

ナルニア国物語3

Mo147824
会長のおすぎ的シネマレビュー

No.11012
 「ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島」

★★★★★★☆☆☆☆
(10点満点中6点)

世間的には3D上映ですが、
 2D(字幕)で観ましたが何か?
今回は時間的都合が一番の理由ですが、本数観る人間には金額(3Dは特別料金)の違いもデカイんですよね
ってかこれは2Dでも評価(内容)は変わらんでしょ。

さて、内容ですが・・
 こんなもんかな

いきなり、何でこんな冒険やってんだかがまったく不明。
扉(今回は絵)の向こうに冒険が!ってのがナルニアの売りだとは思うけど、もう少し観客に判り易い導入部だと嬉しいんだが

元々が子供向けの児童文学なんでそんなに心躍る内容ではないですが、可もなく不可もなく
ファンタジーなんでここぞとばかりに(笑)御都合主義で展開しますけど、それほど気にもならず大人が観ても耐えられる。

ただ、今回はほとんどが海洋上なんで、若干「パイレーツ〜」っぽく見えなくもない
明確なラスボス的なのが最後の最後までいないんで、ちょい盛り上がりに欠けるかな。

大体、何章まであるのか把握もしてないんだが、今回4兄弟のうち出てくるのは下の二人だけ。
それにオマケの従兄弟が登場だが、入れ替わりしながら続いていくシリーズなんでしょうか?
(4兄弟が最後まで主役って事でもないのね??)

「ハリポタ」みたいに最後の展開が判り易いストーリーだと今後の展開も読めるんだが、ナルニアは各章でわりとまとまってるのでつながりが読めないね

乗りかかった船なんで(笑)最終章まで付き合いますけど、最後で各章がひとつに繋がる様な展開を希望しますわ

|

« 開幕戦! | トップページ | 桜からの手紙 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開幕戦! | トップページ | 桜からの手紙 »