« 2010片貝まつり慰労会③ | トップページ | アルバイト急募 »

2010年9月23日 (木)

海猿3

Mo152229
会長のおすぎ的シネマレビュー

No.10063
 「THE LAST MESSAGE 海猿」

★★★★★★★★☆☆
(10点満点中8点)

ついにと言うかやっとと言うか初3D鑑賞
あえてこの作品で3Dデビューしなくても良かったんだが、たまたま時間と割引の都合で
(新潟遠征だが月曜メンズデーのお陰で¥1300)

さて、映画・ドラマ・映画と続いたシリーズも、この映画3作目で最後
いや、なかなか良かったですよ

熱い内容に若干の涙も加わって、十分見応えはあるかと。
まぁ、3Dの効果はそれほどありませんけどね
全然3Dである必然性はない内容ですけど、どーなの
メガネかけると若干画面が暗くなるのはいただけませんな

何の前触れもなく物語りが始まるけど、過去作を知らなくても観れるかな。
とは言え、観てる人しか観には行かないとは思うけども。

現場と会議室で同時に進行するのは「踊る」と同じなんで笑ってしまいますな。
結構出演者多いけど、主役以上に主張する役もなくわりと集中して観れますわ
その脇役の中では時任三郎が非常にカッコイイ役を演じてましたな

ラストがちょい大袈裟過ぎて涙誘ってるのが見え見えなんだけど、一般ウケする内容で普通にオススメできる1本かと

 これでホントにラストなのか

|

« 2010片貝まつり慰労会③ | トップページ | アルバイト急募 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010片貝まつり慰労会③ | トップページ | アルバイト急募 »