« 慰労会&祝勝会 | トップページ | 約束の日は近い »

2010年5月19日 (水)

グリーン・ゾーン

Mo153174
会長のおすぎ的シネマレビュー

No.10032
 「グリーン・ゾーン」

★★★★★★☆☆☆☆
(10点満点中6点)

「ボーン」シリーズの監督&マット・デイモンって事で、ハードルは上がってしまいますな。
そんな訳で期待しすぎると★は少ないかな

期待値くらいには面白いと思うけど、それではダメでしょ
やっぱ期待を超える面白さがないとね。
(勝手だ!)

「ボーン」のマット・デイモンはCIA最強の殺し屋って事でワクワクする程の技術の持ち主だったが、今回は
 いち陸軍准尉
なのでそんな派手さはないです。

アクションのほとんどが「追っかけっこ」と「銃撃戦」だけだからね
迫力出したいのは分かるが、手持ちカメラが揺れ過ぎで酔います

大量破壊兵器捜索がストーリーの核ですが、そこから核心に触れる部分が若干判りづらい
あっと驚く様な真実ではないんだな。
もうちょい観客が驚く様な結末が欲しかったです

しかし、マット・デイモンはこーゆー役似合うな
一本気な男がハマリ役だね

|

« 慰労会&祝勝会 | トップページ | 約束の日は近い »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慰労会&祝勝会 | トップページ | 約束の日は近い »