« 日本文理初戦 | トップページ | 夏休み最終日 »

2009年8月15日 (土)

トランスポーター3

Mo6525
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「トランスポーター3 アンリミテッド」

★★★★★★☆☆☆☆
(10点満点中6点)

まぁ、可も無く不可も無く
期待通りと言えばそれまでだが、若干物足りなさを感じるのもまた事実。

3作目ですが、既定路線は変わらず。
目新しいものはないですが、あえて挙げれば
 女が脱がず、男が脱ぐ
って事くらいか

せっかくのカーアクションもCMや予告で観ちゃってるので驚きがないね
最近の映画はどれも予告編で見せ過ぎ
劇場での楽しみが減りますわ

自転車や水中脱出は良かったけど

主人公役ジェイソン・ステイサムは好きな俳優だし、この役は一番合ってると思うので意見はないです。
が、ヒロインがソバカスだらけってのはどーかと
首のタトゥーに引きましたΣ( ̄ロ ̄lll)

「2」の敵役に似てなくもない今回のヒロインですが、フランス人の目から見る美女ってのはこんなイメージなんでしょうか

一番の関心事は敵役の「プリズン・ブレイク」のアノ人なんだが、やっぱヒール役が似合いますな
もうチョイ絡みがあると良かったが、こんなもんかね。

しかし、展開がパターン化してるし「4」があるんなら新しい展開が欲しいね。
シナリオが若干チープ
今回の陰謀も解り難い(ってか逆に単純過ぎて意味解らん)モノだっただけにリュック・ベッソンに大いなる奮起を期待したい
(でも「TAXiシリーズ」があんなだから期待は・・・。)

いやしかし、どー見ても20メートル以上離れたよな

|

« 日本文理初戦 | トップページ | 夏休み最終日 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本文理初戦 | トップページ | 夏休み最終日 »