« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 | トップページ | 名古屋グランパス戦 »

2009年6月27日 (土)

守護天使

Mo6756
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「守護天使」

★★★★☆☆☆☆☆☆
(10点満点中4点)

個人的に大絶賛な「キサラギ」の監督最新作
大いに期待値は高まりますが・・・

いや、なんかストレートな内容でした。
もっと2転3転するストーリーなのかと期待してたが、なんか普通

ストーリー展開が普通過ぎるので主演のカンニング竹山やヒロインの忽那汐里(ポッキー娘)もインパクト薄い。
この監督はキャラの魅せ方が魅力だと思うんだが、「引き蘢り君」にしろ「鬼嫁」にしろなんかイマイチ

登場人物の関係性も説明不足な感が否めんね。

笑い所も、もっと大笑い出来ると良かったんだが期待したコッチが悪いみたいな感じで
なんか安っぽい邦画の典型みたいな出来になっちゃってます

残念だ

|

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 | トップページ | 名古屋グランパス戦 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 | トップページ | 名古屋グランパス戦 »