« ザ・バンク 堕ちた巨像 | トップページ | 今週はお日柄も良く »

2009年4月 5日 (日)

ハルフウェイ

331713_01_01_03
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「ハルフウェイ」

★★★★★☆☆☆☆☆
(10点満点中5点)

北川悦吏子監督・脚本、岩井俊二&小林武史プロデュースと大御所が揃った映画ではありますが・・
 こんなの映画じゃねー
って、普通の映画評論家なら言うだろうね。多分。

ストーリーはあってない様なもんだし、作風も学生の自主映画みたいだ。
 Σ( ̄ロ ̄lll)

高校生の日常をドキュメンタリーで撮った様な映画です。
だからオチもない。

岩井俊二の影響か、映像は淡い感じ
そこはいいが、カメラワークが全て手持ちカメラで
 手ブレしまくりアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
特に自転車のシーンは観てて酔うね
時にピントさえ合ってない場面さえある
 ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

そんな映画ですが個人的には好きです
いや、別に北乃きいが出てるからって訳じゃないですけど(爆)
でも北乃きいがいじらしくてたまらんです

タイトルの「ハルフウェイ」は劇中で北乃きいが「halfway(ハーフウェイ)」を間違えて読むとこからついてますが、「途中」って意味通り高校生の中途半端なとこが良く描かれてたと思うけどね
その辺は脚本家・北川悦吏子の真骨頂か

それにしても、ラストの唐突な終わり方には拍子抜けしてしまいましたが
まさに「途中」だな( ̄○ ̄;)!

若い人が観ると印象違うかもだが、いい歳こいた大人が
 あぁ、こんな学生生活送りたかったねぇ〜(憧)
っと、羨ましがりながら観るのが正しい見方かと

|

« ザ・バンク 堕ちた巨像 | トップページ | 今週はお日柄も良く »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

2度目の貸切上映会でした
日曜の夜はお忍び観賞にもってこいだぞ

投稿: 先掛 | 2009年4月 5日 (日) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザ・バンク 堕ちた巨像 | トップページ | 今週はお日柄も良く »