« 鴨川ホルモー | トップページ | たまには一筆どーぞ »

2009年4月19日 (日)

おっぱいバレー

M
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「おっぱいバレー」

★★★★★★★★★☆
(10点満点中9点)

バカです
こいつらホントにバカだ

オープニングのっけからバカ丸出しヽ(*≧ε≦*)φ
しかし、このストレート過ぎるバカさ加減が心地良いのは何故なんでしょう
 笑えます(⌒▽⌒)アハハ!

風で揉み心地を感じるのは韓国映画「連理の枝」でチェ・ジウもやってたな。
これって有名な事なんかね?それまで知らんかったけど。
「連理」の時にやってはみたが(やったんかい!)、確かにそんな感じ(笑)

「11PM」ネタも男心妙に掴んでますわ
まさにあるあるネタ

中学生6人の他にも綾瀬はるかが天然バリバリで良い味出してますな
可愛いししかもバカだ

しかも笑えるだけじゃなく泣かせ所もしっかりしてるし、油断してると泣きますよ
結構ストーリーちゃんとしてる内容なんだよね。

不純な動機がパワーの源ってのは万国共通なんかね?
「DRAGONBALL EVOLUTION」でも悟空がかめはめ波の修行してる時にチチ(コチラは役名)に近づきたいばかりに頑張ってましたが

最後が綺麗にまとめ過ぎてる感じはするね。
もっとバカバカしく落としても良かったとは思うが。
とは言えほとんど満点に近い9点です
(若干おまけしてるけどね、サービスサービス)

あと妄想シーンでもあればサイコーなんだが・・・(汗)
綾瀬はるかのあのシーンは惜しかった(爆)笑ったけど

時代背景が80年代前なんだが、若干うちら世代より前か。
挿入歌の世代がチョイ前なのが残念。知らない曲ではないけどね。
まぁ、そこはマイナス点じゃないんだけど、年代が一致するしないって映画観てて結構影響あるよね。
(セカチューはドンピシャだったもんな)

うーん、まさに
 ナイスおっぱい(.人.)

|

« 鴨川ホルモー | トップページ | たまには一筆どーぞ »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

【駄目駄目だった奴があるきっかけで頑張っちゃう】
ってのが私の映画のツボだったりするわけですが

今回のは正にドンピシャしかも動機不純
全校集会のあいさつのシーンとかマジ笑える
残念ながら泣きはしなかったけど気がつきゃ
綾瀬はるかの胸に注目している自分・・・
まさにナイスおっぱい
1回戦~2回戦までの間に合宿組める日程って
普通あり得んけどストーリーはこの際無視
評価は8.5。も少し露出があれば・・・

投稿: Rock | 2009年4月20日 (月) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鴨川ホルモー | トップページ | たまには一筆どーぞ »