« 7つの贈り物 | トップページ | 3月始動 »

2009年3月 1日 (日)

チェンジリング

M_3
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「チェンジリング」

★★★★★★★★★☆
(10点満点中9点)

実話です
多少は(かなり!?)脚色してると思うけど見応えある良い映画です

しかしながら、印象と違って
 エグいかなり衝撃的

よもやこんな内容とは思いもしなかったが、深みのある重厚な映画ですわ
普段は肉体派なアンジーが特殊能力もない普通の母役を演じてますが、この深い内容にはあってるね。
強い女性を演じてます

悪い人間が多く出てきますがそれらが最後に一掃されるのは見てて気持ちよい!
決してハッピーエンドな映画ではないと思うが、観賞後の後味は良いですな

どーしてもアンジーに注目してしまうが、監督イーストウッドの手腕に感服の映画です
クリント・イーストウッド、良い映画作るよね

マルコビッチとか、脇役の演技も最高です

全体に青みがかった映像ですが、その中でアンジーの真っ赤な唇がかなり印象的

|

« 7つの贈り物 | トップページ | 3月始動 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7つの贈り物 | トップページ | 3月始動 »