« J開幕! | トップページ | スポーツ(観戦)の春 »

2009年3月 7日 (土)

ヤッターマン

M
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「ヤッターマン」

★★★★★★★★☆☆
(10点満点中8点)

実写化に際しては賛否両論ありますが、これはこれで
 アリだと思います
いや、面白いよコレ

ヤッターマン1号2号はあまりツッコミどころもないんですが(笑)、深キョンのドロンジョ様はチョイおいといて・・
 生瀬ボヤッキー&ケンコバ・トンズラーはパーフェクトです
特に生瀬ボヤッキーは完璧過ぎて、その存在だけで笑えます

深キョンのドロンジョ様はやはり甘ったるい感じがして個人的にはイマイチ
しかし、そんなマイナスを吹き飛ばす勢いのコスプレっぷりには満点挙げますけれども(笑)

例えば杉本彩がやったらそれはそれで見応えあると思うけれど、深キョンがあの格好する事にこの映画の意義を感じる
サービスカットもありますし
今回はドロンジョ様の初恋も絡めてるんで深キョンの可愛さが合ってたのかな。
いや、力説する程のもんでもないんですが

その迫力のない声に対しては途中で「本家」の声が聴けるのが嬉しい
とことん往年のファンにサービスしてるねぇ

さらにイマイチだったのがドクロベエですが、ドクロベエってあんなんだっけ?
なんか引いた

キャラはこのくらいにして内容ですが、お馴染みのギャグやシチュエーションはちゃんと押さえてるし、実写ならではのツッコミどころも満載で笑える

しかし下ネタ多過ぎ
子供向けってよりは大人が観て楽しい映画だね
まさに「アニメはアニメ、実写は実写」の良さが出た映画ですかな。

ラストの予告(フェイク?)も含めて想像以上に面白かった

P.S.
次週公開の「ドラゴンボール」もこのくらいのクオリティがあるといいんだが・・・

|

« J開幕! | トップページ | スポーツ(観戦)の春 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

ん~。
ナンセンスギャグも無駄に派手な戦闘シーン
もちろんお色気シーンも期待していましたが
どれも中途半端な気が・・・

最大の問題点は【説明しよう・・・】のナレーターは富山敬でないと・・・

投稿: Rock | 2009年3月16日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« J開幕! | トップページ | スポーツ(観戦)の春 »