« まつりです! | トップページ | 右から左へ・・・ »

2009年2月 8日 (日)

ベンジャミン・バトン

M
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

★★★★★★☆☆☆☆
(10点満点中6点)

好みの分かれる映画かな。
飛び切り面白いって訳でもなく、かと言ってつまらなくもない

老体で産まれて逆に若返って行くって設定以外は取り立ててないんだよね
感動出来る訳でもないし。
なので、そこを「何故?」って疑問に感じちゃダメです!
ファンタジーですから

展開は良くある「回想」って形で進んで行きます。
約3時間と長いんだけども途中、普通に歳を取ったケイト・ブランシェットの現在を挿みつつ進むので、それがアクセントになって飽きはないかな。

結構笑えるシーンもあるんだけど、ラストとかもうチョイ驚きの展開みたいのがあると良かったんだけどね。
なんだか普通過ぎて
でも登場人物が良い人ばかりなんで、ほのぼのとは出来るかな

ブラピだから観れる映画なのかも知れんね
これが他の俳優だったら、ダメかも。
男が観ても魅力的な役者ですなブラピは

さて、アカデミー賞候補ですが、そっちはどーかなぁ〜

|

« まつりです! | トップページ | 右から左へ・・・ »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まつりです! | トップページ | 右から左へ・・・ »