« イヴイヴ | トップページ | 地球が静止する日 »

2008年12月23日 (火)

ワールド・オブ・ライズ

M_1
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「ワールド・オブ・ライズ」

★★★★★★☆☆☆☆
(10点満点中6点)

まずまずかな
とは言え、無骨な内容なんで好みによっては退屈かもしれん。
若干満足感に欠ける。

監督リドリー・スコットが好きな方だと物足りない内容かもしれんね
「ブラックホーク・ダウン」をイメージして観に行くとどーしてもね

今回は「嘘」が武器な訳だがそれ程見せ場になってなかったかなぁ。
もっと派手な嘘つき合戦を期待してたんですが肩透かしでしたな。
ラストの嘘は良かったですけど
ってか「騙す」んではなく「騙され」てますがね。

しかしレオ様はいいね!
昔の柔なイメージがなくなって、こーゆー男クサい役が似合う様になりましたな。
逆にラッセル・クロウはイマイチ
実際活躍の場もないから仕方ないけど、見せ場なかったね

|

« イヴイヴ | トップページ | 地球が静止する日 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イヴイヴ | トップページ | 地球が静止する日 »