« 朝日杯FS | トップページ | サッカー、それともお笑い? »

2008年12月20日 (土)

K-20 怪人二十面相・伝

M_2
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「K-20 怪人二十面相・伝」

★★★★★★★☆☆☆
(10点満点中7点)

予想に反して面白かったです
序盤は邦画特有(笑)のチープ感が漂ってて、やはりダメ映画かと思わせましたが
 ところがドッコイ
後半になればなる程面白い

それぞれ役者が良い味出してますが、松たか子はいいですな
松たか子が笑いを取り出す頃から俄然面白くなります

アクションもなかなか「スパイダーマン」チックだし(汗)、満足できます。
ラストシーンも「バットマン」風だし、オープニングも含めてかなりアメコミを意識した作りになってると思うね
今回は20面相がヒーローって訳じゃないけど、アメコミに対抗しても十分やっていける内容だと思える
もちろん続編あるでしょ

しかしこの展開(シナリオ)は想像の範囲外でしたな!
まさか20面相の正体が・・・!!!
きちんと原作は読んだ事ないけど、この展開は良いです
(だが、こーなると続編のライバルは誰?)

松たか子が十分笑かしてくれますが、他にも笑い処あるんだがイマイチ
アクションも展開も良かっただけに、笑いもちゃんと取れればもっと星数伸ばせたんだがね。
惜しい

|

« 朝日杯FS | トップページ | サッカー、それともお笑い? »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝日杯FS | トップページ | サッカー、それともお笑い? »