« ダカールの日 | トップページ | 櫻の園 »

2008年11月16日 (日)

ラブファイト

M_1
会長のおすぎ的シネマレビュー

これが今年100本目の映画でした

 「ラブファイト」

★★★★☆☆☆☆☆☆
(10点満点中4点)

予想外のデキだね(悪くはないよ)。
もっとアイドル映画バリバリの内容かと構えて観に行ったら、いい意味で普通のボクシング映画でした

大沢たかおプロデュースって事でしたが、本人出過ぎ
ほとんど話の中心です

変に北乃きいバリバリに撮ってアイドル臭い映画になるよりは全然良いですけど、このラストではイマイチ

特に前半は恋愛映画っぽくなく、ボクシング中心なので面白いんだが、後半大沢たかお桜井幸子の話がメインになるとテンション落ちます
北乃きい林遣都が主演の意味って・・?

最後の対決も途中のスパーに比べると断然迫力が落ちてるしね

しかし、ボクシング映画と言われればそれまでだが、ボクサーパンツにしなくても・・・
 色気ない
これだけで★1個減点

|

« ダカールの日 | トップページ | 櫻の園 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダカールの日 | トップページ | 櫻の園 »