« 大宮アルディージャ戦 | トップページ | 逃げ切れず・・・ »

2008年11月23日 (日)

ブラインドネス

M_1
会長のおすぎ的シネマレビュー

アルビ前に1本

 「ブラインドネス」

★★★★★☆☆☆☆☆
(10点満点中5点)

見た目的な面白さはありません
評論家ウケは良いと思うけど、一般ウケしないかな。
チョイ内容が高度

失明する伝染病の話ですが、目が見えなくなる恐怖ではなく目が見えなくなる事で起こる事の恐怖が主体です
 目が見えない事で見える人の心の闇だな

なので何故失明するのかや、伝染する原因、何故治るのかといった事は一切不明のまま
そもそも主人公ひとりが失明しない謎は最後まで謎のままです

そこは本題じゃないって事なんでしょうけど、一般客はそれが判らんと映画的にはつまらないと思う。
決して悪い映画じゃないんだけど、考える映画ってどーしても面白味には欠けるからね

伊勢谷友介と木村佳乃が出演してますので、その辺は馴染めるかな。
しかし木村佳乃は他の女優陣に比べると肝心な部分で露出がダメです
そこは脱いどかないと・・

|

« 大宮アルディージャ戦 | トップページ | 逃げ切れず・・・ »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大宮アルディージャ戦 | トップページ | 逃げ切れず・・・ »