« さて何でしょう? | トップページ | かもめ食堂 »

2008年9月21日 (日)

おろち

M
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「おろち」

★★★★☆☆☆☆☆☆
(10点満点中4点)

楳図かずお原作のホラーです。
原作は未読ですが、男性的には恐くない
女性目線で見たらどれだけ恐いか分かりませんけどね
恐怖よりも女の嫉妬心の恐さですね

ストーリー的には幼少時代と20年後からの話が上手く繋げてないかな。
おろちの役どころが??過ぎてイマイチのめり込めない
ラスト付近でその??は氷解するし原作読んでれば分かる事なんだろーけど、初見で映画観てる観客にとってはストレスの溜まる内容です

でもラストの展開は良いね
そーでなくっちゃ面白くないし、恐くもない

まぁ、ネタ知ってればなんてことはない映画なんだろーけど。
木村佳乃が二役演じてる、映画ならではのマジックですな

しかし谷村美月(おろち役)はあの程度の役でいいのかね?
タイトル名なのに・・・。
タイトルは「どろろ」なのに主人公は「百鬼丸」みたいな事なんでしょうか

|

« さて何でしょう? | トップページ | かもめ食堂 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さて何でしょう? | トップページ | かもめ食堂 »