« シーソーゲーム | トップページ | 明けて水曜 »

2008年9月23日 (火)

百万円と苦虫女

Mo5897
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「百万円と苦虫女」

★★★★★★☆☆☆☆
(10点満点中6点)

一般受けはしません
あくまで蒼井優のファンだけが観る映画です

その蒼井優ファンが観ても決して面白いとは言い難いモノがありますけどね

蒼井優をとことん地味に撮った映画。
劇中ではほとんど苦笑いしか見せない彼女ですが、ネギを見て笑う一瞬に
 萌え〜ですわ

ストーリー的には前述の通り取っ付き難い内容
面白味はないです
特にラスト、森山未來とのエピソードは心情が判りづらいね。
監督が女性って事もあるけど、やはり女性目線の映画なのか

旅行く先の人達とのエピソードよりも弟との関係が良かった
そんな中、桃園のせがれピエール瀧の演技は良かったね

まぁ、難しい映画のひとつではあります

|

« シーソーゲーム | トップページ | 明けて水曜 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーソーゲーム | トップページ | 明けて水曜 »