« インディ・ジョーンズ4 | トップページ | 引っ越し1ヶ月 »

2008年6月15日 (日)

JUNO

M
会長のおすぎ的シネマレビュー

 「JUNO」

★★★★★★★★☆☆
(10点満点中8点)

ありていに言えばアメリカ版「14才の母」ですがこちらは悲壮感が全然なくて面白いです
かといってコメディーに走ってないので感動もある
日本じゃこーゆー映画(ドラマ)は倫理観の違いで作れないんだろーな。
とにかく内容よりも台詞まわしが最高
会話が面白い
字幕翻訳者に拍手だ
アカデミー賞最優秀脚本賞を獲ったのも頷けます

しかし、16才が妊娠したってのに、親や学校、産科医院までもが何も物申さんってとこが驚くね
普通誰かつっこむだろ

主演のエレン・ペイジ「ハード・キャンディ」(これもオススメ)でも小生意気な少女を演じてたけど、今回はそこにキュートさがプラスされていいね
まだまだ子供ではありますが、将来が期待される女優だね

上映館が少ないですが、機会があれば観て欲しい1本

|

« インディ・ジョーンズ4 | トップページ | 引っ越し1ヶ月 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インディ・ジョーンズ4 | トップページ | 引っ越し1ヶ月 »