« アフタースクール | トップページ | 5月ラストウィーク »

2008年5月25日 (日)

スルース

Mo5775

会長のおすぎ的シネマレビュー

 「スルース」

★★★★★★☆☆☆☆
(10点満点中6点)

ジュード・ロウとマイケル・ケインの二人だけしか登場しないシチュエーションドラマ。
ひたすら二人が喋りまくり
舞台もほぼ一軒家の内部だけです。
ちなみにリメイク作品です。前作は未見ですけど。

この手の映画は「テープ」と同じですが(「テープ」は3人で一部屋の中だけ)、見終わった後の爽快感って事では「テープ」に軍配が上がるかな
「スルース」はなんか後味が悪い

映画前半はなんか意味不明な演出(行動?)が多くてイマイチな感じですが、中盤(2セット目)からはグイグイと惹き付けられます
ここはジュード・ロウファンにとって一番の見所ではないかと
しかし最後がチョイと納得出来んかな。
どこまでが演技でどこまでが本音なんだか・・・ふむ

|

« アフタースクール | トップページ | 5月ラストウィーク »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフタースクール | トップページ | 5月ラストウィーク »